ゴルフオタク > ゴルフ用品 > アイアン > アイアンのリシャフトはどんな人におすすめ?メリットデメリット、最適な選び方まで解説

アイアンのリシャフトはどんな人におすすめ?メリットデメリット、最適な選び方まで解説

アイアンが狙ったところに飛ばないという方は、もしかしたらシャフトが合っていないのかもしれません。この記事ではティーチングプロの筆者がアイアンのリシャフトについて、メリットやデメリット、どんな人に必要なのか、最適な選び方まで解説します。


ゴルフは狙ったところに運ぶスポーツです。ゴルフクラブを使う以上、自分に合ったクラブを見つけることは不可欠です。ドライバーのシャフトにこだわる人はよく見かけますが、アイアンのシャフトにこだわっている人はそこまで多くいません。しかし、ドライバーよりピンポイントに狙うアイアンの方にこそこだわるべきだと思います。アイアンが狙ったところに飛ばないのは、もしかしたらシャフトが合っていないからかもしれません。合っていないクラブを使い続けるとスコアが伸びないばかりかスイングを崩す原因になる可能性もあります。そこで今回はアイアンのシャフトについてお伝えしていきます。これからアイアンのシャフトを変えようか悩んでいる人は是非ご覧ください。

アイアンこそシャフトにこだわるべき理由

ゴルフは少ない打数でカップインを目指すスポーツです。ドライバーの飛距離も魅力ですが、いくら飛ばしたところでアイアンが狙った所に飛ばなければスコアを伸ばすことはできません。スイングを良くすることはもちろんですがゴルフクラブを扱う以上、クラブにもこだわるべきです。アイアンはヘッド形状や硬さにはこだわっている人も多いと思いますが、シャフトにこだわっている人はそこまで多くいない印象です。市販で売っているアイアンのシャフトはカーボンシャフトが1種類にスチールシャフトが2種類程度です。硬さは選べますが、重さやトルクなどは決まっており合っていないシャフトを選んでいる人は多くいます。限られた中から選ぶしかないのでカーボンシャフトのように、しなりは欲しいけれど、重量も欲しい人や、スチールシャフトのようにしっかりした感じは欲しいけれど軽めのシャフトが良い人などは既製品の中から選ぶのは難しいと思います。そんな人におすすめなのがリシャフトです。リシャフトとは何なのか説明していきます。

アイアンのリシャフトとは

アイアンのリシャフトとは元のシャフトを違うシャフトに変えることです。シャフトを変えることで自分に合ったクラブにできます。ミスを少なくしたり飛距離を伸ばしたい時にする人が多い印象です。最近のドライバーやフェアウェイウッドはレンチを使って簡単にシャフト交換できるようになっていますが、アイアンは専用の工具がないとできません。通常はゴルフ工房などでシャフト交換をしてもらいます。

アイアンのリシャフトはどんな人がするべき?

アイアンのリシャフトはどんな人がするべきなのでしょうか?通常アイアンを購入すると純正のシャフトがついています。3種類程度の中から選ぶと思いますが、合わない人もいると思います。例えば筋力が落ちたシニアの人は純正のカーボンシャフトでは硬くて重く感じるかもしれません。レディースモデルのシャフトにすると軽くて柔らかすぎる人は、男性モデルと女性モデルの中間程度のシャフトにすると安定するかもしれません。逆に筋力がありヘッドスピードがある人は純正のスチールシャフトでは軽く柔らかく感じるかもしれません。このようなパワーのある人はもっと重くて硬いシャフトに変更するとシャフトが暴れずに狙った所にボールを飛ばせるようになるはずです。人によってはスチールシャフトでは重く感じるけれど、純正のカーボンシャフトは軽過ぎるかもしれません。このような人は純正のカーボンシャフトより重量のあるカーボンシャフトが合っている可能性が高いでしょう。使用しているシャフトが合ってないと感じるならリシャフトを検討してみるのが良いかもしれません。それではアイアンのリシャフトをするメリット、デメリットを説明していきます。

アイアンをリシャフトするメリットは?


アイアンのリシャフトをするメリットは自分に合ったクラブを作れることです。筋力やスイングは人それぞれで、似たような人はいても、全く同じ人はいません。純正のシャフトは多くの人に合うようにできているのですが、あなたに合っているかわかりません。純正にこだわらなければ、シャフトの種類は何十、何百とあります。合っているシャフトに変えるとミスが少なくなりスコアアップに繋がることでしょう。リシャフトはクラブヘッドを変える必要が無いので打った時の打感や操作性が極端に変わることも少ないはずです。毎回同じようにスライスする人が捕まりの良いシャフトに変えただけでスライスが無くなった話は良く聞きます。スライスに限らず毎回同じようなミスをする人はシャフトを変えるだけで治る可能性が高く、スイングを変えずに安定させることができるのは最大のメリットに間違いありません。クラブ全てを取り替えるのではなく、シャフトとグリップだけ取り替えるので新品のクラブを買うより費用を抑えることができます。

アイアンをリシャフトするデメリットは?

リシャフトをするデメリットは費用がかかることです。新品のクラブに買い換えるよりかは安く済むとは思いますが、それなりに費用はかかります。シャフトを交換するので、シャフト代は当たり前ですが、その他にグリップ代と交換するときの工賃がかかります。リシャフトするデメリットは費用だけではありません。シャフトはシャフトそのものの性能もありますが、ヘッドとの相性があります。リシャフトした友人のクラブを打ってみたら良かったからといっても、違うヘッドに友人と同じシャフトを指すと違った感覚になるかもしれません。アイアンだけでなく他のクラブにも言えることですが、実際に交換してみないとクラブの性能がわからないのは、それなりに費用もかかるのでデメリットと言えるでしょう。

アイアンのリシャフトにかかる費用


アイアンのリシャフトにかかる費用はシャフト代、グリップ代、それに工賃です。まずシャフト代ですが、スチールシャフトで1本約5000円。カーボンシャフトで1本8000円です。これはあくまでも目安なので、シャフトの種類によってはもっと高い物もありますし、逆に安い物もあります。工賃はゴルフ工房によっても値段は違いますがトータルで1本2000円~3000円程度です。シャフト工房によっては、シャフトを買った場合は無料で交換してくれる所もあります。アイアン6本リシャフトした場合、6万円程度の費用がかかるでしょう。

アイアンのリシャフトは自分でもできる?

リシャフトにかかる費用を知った人の中には、グリップ交換と同じように自分で交換した方が良いと考える人もいるかもしれません。リシャフトができない訳ではありませんが、1回交換する程度なら工房に頼むのがおすすめです。シャフト交換には専用の工具が数多く必要で、技術も必要だからです。何度も交換したい人や本格的にゴルフを極めたい人もいるかもしれないので簡単にお伝えしておきます。

アイアンのリシャフトのやり方

まず必要な物を紹介します。リシャフトに必要な物は、シャフト、グリップ、グリップ交換液、両面テープ、カッター、ニッパー、ソケット、ヒートガン、電動ドライバー、ホーゼルクリーナー、サンドペーパー、接着剤、クラブを固定する台、パイプカッターです。リシャフトする場合は元々刺さっているシャフトを抜く必要があります。クラブを固定する台を使ってクラブを固定します。ヒートガンでヘッドとシャフトのつなぎ目を温めてホーゼルをニッパーで切り、シャフトをヘッドから抜きます。このままだとクラブの中が汚れているので、電動ドリルとホーゼルクリーナーで綺麗にしておきます。シャフトの先端を接着剤が付きやすいようにサンドペーパーで磨き、接着剤をつけてホーゼルを入れてからクラブに刺します。シャフトが長ければパイプカッターでシャフトを短くしてグリップを装着して完成です。

最適なアイアンシャフトの選び方


アイアンでリシャフトする際に知っておきたい自分に合ったシャフトの選び方についてお伝えします。シャフトで考えなくてはいけない点は素材、重量、硬さ、トルク、キックポイントです。せっかくリシャフトするのであれば自分に最適なシャフトを見つけなければ意味がありません。まずは今使用しているシャフトがどう感じるのか確認して下さい。

1.重量の確認

まずは重量の確認です。クラブは振れる範囲内で重い物を使うのが良いとされています。軽い物を使うと手打ちになりやすく、安定しないためです。もし今使っているシャフトが軽いと感じるなら重く、逆に重いと感じるなら軽めのシャフトを選ぶべきです。基本的にはカーボンシャフトよりもスチールシャフトの方が重くできています。しかし、最近では重いカーボンシャフトや軽いスチールシャフトもあるので選択に迷うかもしれません。基本的に同じ重さであれば、スチールの方がしなりが少ないので、球が上がりすぎる人はスチールシャフト、逆に球が上がらない人や、球が捕まらない人はカーボンシャフトにすると良いでしょう。

2.硬さの選び方

硬さはヘッドスピードが目安になります。これはカタログに書いてあると思いますが、問題はどちらでも使えそうな人。RにしようかSRにしようか迷う人もいると思います。この場合はスイングテンポが速い人は硬めのシャフトがタイミングをとりやすく、スイングテンポが遅い人は柔らかいシャフトの方がタイミングをとりやすいと言われているので参考にすると良いでしょう。

3.キックポイントの選び方

シャフトにはキックポイントがあります。元調子、中調子、先調子、ダブルキックポイントと4つあります。元調子のシャフトは手元がしなるシャフトです。しなり戻りがゆっくりなので、左が怖い人や球が高すぎる人に合うシャフトです。中調子は手元と先の中間がしなるシャフトです。万人に合うシャフトで基準が分からない人にはおすすめです。先調子はヘッド側がしなるシャフトでしなり戻りが速いのが特徴です。球が捕まらない人や球が上がらない人におすすめできます。ダブルキックポイントはトップで手元がしなって、インパクトで先がしなるシャフトです。シャフトがヘッドスピードを上げてくれるので飛距離が欲しい人におすすめできます。その分タイミングが合わないと曲がるのでヘッドスピードが速い人は注意が必要です。

4.トルクの選び方

シャフトにはトルクがあります。トルクとはシャフトの捩じれです。トルクが大きいとシャフトの捩じり戻りで捕まりが良くなります。テンポの速い人がトルクの大きいシャフトを使うとシャフトが暴れるので注意が必要です。テンポの速い人はトルクが少なめのシャフトがおすすめです。

まとめ

今回はアイアンのリシャフトについてお伝えしました。狙った場所にピンポイントで運ぶアイアン。自分に合っていないシャフトでは狙った場所にボールを運べません。毎回同じようなミスをするのであればリシャフトを検討すると良いでしょう。自分に合ったシャフトが見つかればゴルフが変わると思いますよ。


関連記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
鈴木
鈴木

PGA(日本ゴルフ協会)ティーチングプロ。ゴルフ歴は30数年。小さいころからPGAティーチングプロである父の指導の元ゴルフの練習に励む。高校を卒業したのち神奈川県にあるゴルフ場の研修生として働く。25歳でPGA(日本ゴルフ協会)会員となりレッスン活動に励む。現在は某ゴルフスクールでレッスンしている。誰にでも分かりやすく楽しいレッスンを心がけています。

ゴルフオタク > ゴルフ用品 > アイアン > アイアンのリシャフトはどんな人におすすめ?メリットデメリット、最適な選び方まで解説