ゴルフオタク > プロゴルファー情報 > 【2021年最新】インスタでもかわいい原英莉花のクラブセッティングや気になる情報まとめ

【2021年最新】インスタでもかわいい原英莉花のクラブセッティングや気になる情報まとめ

昨年2つの国内メジャーを制覇し「黄金世代」の一人として注目されている原英莉花プロ。勝負強さとツアー屈指のロングドライブを持ちながら、モデルのようなルックスで人気急上昇中の原英莉花プロを紹介します。


2020年の原英莉花プロは「日本女子オープン」と「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の2つの国内メジャーを制覇。畑岡奈紗、渋野日向子、大里桃子、勝みなみ、小祝さくらといった1998年生まれの「黄金世代」の一人として注目されていましたが、いよいよその大器が花開く年となりました。ジャンボ尾崎プロを師匠に持ち、師匠譲りのスケールの大きなゴルフが持ち味で、173㎝の長身から繰り出されるドライバーショットは、ツアートップクラスの飛距離を誇ります。ゴルフの強さとともに、抜群のルックスで人気を集めていて、おしゃれに着こなすウェアも話題にいなっています。この記事では、そんな原英莉花プロのこれまでの歩みやクラブセッティング、サポートするスポンサー企業、そして師匠であるジャンボ尾崎とのエピソードなどを紹介していきます。ぜひ最後までお読みください。

原英莉花のプロフィールは?

1999年2月15日生まれの22歳。神奈川県横浜市出身で、兄、弟がいます。持ち味はLPGAのドライビングディスタンスで1,2を争う飛距離の豪快なゴルフと、173㎝の長身とモデル並みのルックスでゴルフファンのみならず人気を集めています。人気ゴルフウェアメーカー「PEARLY GATES」の契約プロでもあり、ファッション性の高さから女性からの支持も厚いと言えるでしょう。原プロは10歳からゴルフを始め、湘南学院高等学校在学中の2015年からはジャンボ尾崎プロに指導を受けるようになりました。次第に頭角を現すようになるものの、高校卒業後の2017年プロテストは不合格。2018年はQTランキング117位のTP単年登録選手としてスタートし同年3月のステップ・アップ・ツアー「ラシンク・ニンジニア/RKBレディース」で下部ツアーながらプロ初優勝を果たすと、順調に成績を残し2019年には賞金ランクで14位に。2年連続のシード入りを果たし、12月日本ゴルフトーナメント振興協会(GTPA)「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。2020年10月4日、「日本女子オープンゴルフ選手権競技」で公式競技初優勝を果たし、最終戦の「LPGAツアーチャンピオンシップ」では初日から最後まで首位を守り公式戦2勝目(ツアー3勝目)を記録しました。

原英莉花のこれまでの歩み

1.ゴルフを始めたきっかけ、ジュニア時代

原英莉花プロには、10歳年上の兄と4歳年下の弟がいます。二人とも非常に運動神経が良くテニスが得意だったため彼女もテニスを始めたのですが上手くできず、何かスポーツをと母親に勧められたのがゴルフでした。止まっているボールは上手く打てたようで「初めてスポーツで褒められて、とてもうれしかった」と話しています。11歳の頃に、通っている練習場でクジが当たり、初めて女子ゴルフの試合を見に行くことになりました。そこで上田桃子プロや横峯さくらプロのプレーを見て、カッコいいと思ったのが本格的にゴルフに取り組むきっかけだったそうです。中学生になってからも部活には入らず、電車やバスを乗り継いて毎日のように練習場に向かっていたそうです。その頃は、ゴルフが楽しいということで続けていましたが、試合で成績を残すまでには至らず、大勢いたジュニア選手の中では目立たない存在でした。

2.アマチュア時代

2014年、湘南学院高校に進学しゴルフ部に入部。そのころ同学年の鹿児島高1年の勝みなみが史上最年少の15歳でツアー優勝。2年後の2016年には、17歳の畑岡奈紗が日本女子オープンを史上初めてアマチュアとして制覇と華々しい活躍を見せていました。なかなか結果が出ない原でしたが、2015年、高校1年の時に運命の出会いがありました。2014年の8月に原英莉花は「ジャックバニージュニアチャンピオン」に出場。この大会をサポートしていた芹沢プロの兄、芹沢名人が高校生離れした原のショットを見て驚き、親交のあったジャンボ尾崎の息子・尾崎智春に連絡したのでした。2015年1月にはジャンボ尾崎にも認められて翌年設立された「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー」に入門。実家の横浜からジャンボ邸のある千葉・千葉北まで毎週通っていました。
指導のお陰でめきめき実力をつけ、2016年「神奈川アマ」(ジュニア女子15~17歳の部)優勝、同年「リゾートトラストレディス」において16位タイとなりローアマチュア獲得を獲得しました。高校卒業後、初めて受験した2017年のプロテストは「OBを6回も打って」合格に2打届かず不合格。翌年のツアー出場権をかけて臨んだその年のQTも、ファイナルまでたどり着かず3次敗退で、QTランクは117位となり、その資格だけではレギュラーツアーには、ほぼ出場できない状態でした。

3.プロ転向後の成績(2018年~2020年)

2018年3月のステップ・アップ・ツアー「ラシンク・ニンジニア/RKBレディース」で下部ツアーながらプロ初優勝、6月の同ツアー「日医工女子オープン」でも優勝しました。同年2度目のプロテストでは10位タイで合格し、晴れてLPGA90期生となりました。この年は最終的に賞金ランク38位で自身初のシード入りを果たします。同年12月7日、ツアー外競技の「LPGA新人戦 加賀電子カップ」で優勝、LPGAアワードにおいて「敢闘賞」を受賞しました。

2019年6月「リゾートトラストレディス」ではペ・ソンウとのプレーオフを制しLPGAツアー初優勝を果たしました。賞金ランクで自身最高位となる14位で2年連続のシード入り。同年12月、日本ゴルフトーナメント振興協会(GTPA)「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。2020年10月4日、「日本女子オープンゴルフ選手権競技」で公式競技初優勝。そして最終戦の「LPGAツアーチャンピオンシップ」では初日から最後まで首位を守りで公式戦2勝目(ツアー3勝目)を記録しました。

原英莉花のプレーの特徴や得意なクラブは?

原英莉花プロのゴルフというと、173㎝という長身を活かしたドライバーショット。LPGAツアーでは1,2を争うロングドライブで攻めのゴルフというイメージです。師匠であるジャンボ尾崎もドライバーの飛距離にはこだわりがあるという影響で彼女もそういった目で見られることが多いのですが、本人としては得意クラブはアイアンとのこと。平均飛距離で250ヤードを超えるドライバーショットと併せて、アイアンでも毎年73%のパーオン率を記録しています。優勝した日本女子オープンでも、難しいピンポジションにも積極的なアイアンショットでバーディーを狙っていく姿が印象的でした。

特徴的なのは、ドライバーのロフトは8.5度とハードヒッター仕様になっているのですが、アイアンは、球が上がりやすい、やさしいモデルを使っていること。これは、1年間戦っていくには、やさしいクラブのほうがいい、というジャンボからのアドバイスのようです。

原英莉花のジャンボ尾崎とのエピソード


2015年1月、まだ高校1年生だった原英莉花プロが初めてジャンボ尾崎に会ったときのことです。原プロ自身は、ジャンボ尾崎のことはあまり知らなかったのですが、事前にある程度知っておいたほうがいいだろうと、YouTubeで動画をチェックしました。そこで見た動画にあったのが、取材記者がジャンボに怒られている場面。そのときから「ジャンボ尾崎=怖い人」という強烈なイメージがあったそうで、会う前はとても緊張したのだとか。ジャンボは、そのとき初めて原英莉花のドライバーショットを見て、「この子はすごい!」と驚き、受け入れることを決めたといいます。
プロになってからも、時間があればジャンボ邸に通って技を磨いている原英莉花プロですが、シード権を確定させたときに、ベンツを買おうとしてジャンボに一喝されました。「賞金女王にもならないで、ベンツはないだろう」。その言葉にハッとしたそうです。

ジャンボ尾崎の長男、智春さんがキャディを務めていることも話題になっています。智春さんは、「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー」の理事として、若いゴルファーの育成に携わりながら、ここまで原英莉花プロの成長を近くで見守ってきました。ジャンボからのアドバイスを、わかりやすく原プロに伝える役目も果たしているそうです。

原英莉花の最新クラブセッティングは?

原英莉花プロは、中学時代からミズノのクラブを愛用していて、プロになってからもミズノと用具契約を結び、ドライバーからウェッジまでほぼミズノのクラブを使用しています。
※プロは頻繁にセッティングを変えるため、最新情報とは異なる場合があります。
ドライバー ST-X(8.5度) シャフト:ミズノオリジナル(S、46.5インチ)
FW ミズノ ST200 フェアウェイウッド(3番15度、5番17度)
UT キャロウェイ マーベリック ユーティリティ(4番20度)
アイアン ミズノ JPX921 HOT METAL アイアン(5番~PW)
ウェッジ ミズノ オリジナル(48度、52度、58度)
パター オデッセイ トゥーロン パター サンディエゴ (削り出し)
ボール ブリジストン ツアーBXボール
ドライバーは今年3月に新発売になったミズノST-Xドライバーを使用。βチタンフェースに、クラウン部分にはカーボンを使用したコンポジットタイプ。高反発・低スピンでつかまりやすいドライバーです。ロングヒッターである原英莉花プロは、8.5度ロフトのものを使用しています。アイアンに関しては、元々シャープなヘッドのモデルが好みでしたが、ツアーを1年間戦うために、あえてやさしくて上がりやすいモデルに変えたそうです。

今のクラブに変えたことで飛距離が伸びて、5Iで175ydから180ydになり、5番UTを抜いて2本だったウェッジを3本にしました。このことでショートゲームがやりやすくなり、より攻めのゴルフができるようになったといいます。ミズノオリジナルのウェッジはオフセットとなっており、ソールのラウンドはきつくなく、シンプルな形のものを使用しています。

原英莉花のスポンサー&契約企業は?

原英莉花プロは長身で手足が長く、小顔ですらっとしたモデル体型のルックスが目を引く話題の美人プロゴルファー。昨年の活躍もあって、多くの企業がスポンサー契約を結んでいます。ここでは原英莉花プロが契約しているスポンサーを紹介しましょう。

■日本通運

原英莉花プロは2019年から流通大手企業である日本通運の所属です。CMにも出演しています。

■MIZUNO

中学時代からクラブはミズノを好んで使っていました。シューズもミズノ製です。

■TSIグルーヴ&スポーツ社

ウェアの契約をしているTSIグルーヴ&スポーツ社では、ジャックバニー、マスターバニー、パーリーゲイツの3つのブランドがあります。2019年のベストドレッサー賞3位にも選ばれるほどおしゃれでファッション好きな原英莉花プロにとってもパーリーゲイツは憧れのブランドだったようです。着るだけで気分が上がると話していました。

■OAKLEY(オークリー)

アイウェアのサポートをしているのがオークリー。原英莉花プロのカッコよさを演出しています。

■葉山国際カンツリー倶楽部

原プロが葉山国際カンツリー倶楽部のジュニアゴルファー育成会出身ということでスポンサーとして支援しています。

■STAR JEWELRY(スタージュエリー)

アクセサリーも大好きな原英莉花プロは、高品質なジュエリーを生み出してきたブランド STAR JEWELRYもスポンサー契約をしています。華のある雰囲気の原英莉花プロに、とても似合っています。

■ランドローバー

2020年5月からはイギリスの高級自動車メーカー・ランドローバーのブランドアンバサダーとして契約しています。その他にも下記のような企業がスポンサーとして原英莉花プロをサポートしています。

KOSE(コーセー)、全農、メジャー・トレーナーズ、BRIDGESTONE(ブリジストン)、大塚製薬、東京商工会議所

2021年3月には、スイスの高級機械式腕時計ブランド、フランクミュラーとスポンサー契約を結んだことが発表されました。

原英莉花の2021年の今後の予定

2020年は国内メジャー大会で2勝を飾り、いよいよ海外ツアーにも目を向けているようです。昨年12月に出場した「全米女子オープン」で初めて海外メジャーに挑戦しましたが、19オーバーの予選落ちという結果に。この苦い経験を活かして飛躍したいところです。今年はアメリカツアーにはスポット参戦とし、まずは目標である賞金女王を目指します。ただし、気持ちの中では、昨年の全米女子オープンに出場したことで若いうちに海外ツアーに行きたいという思いもあり、今年か来年には米ツアーのQTにチャレンジするかもしれないということです。2021年の日本女子プロゴルフ選手権は9月9日から、日本女子オープンゴルフ選手権は9月30日から開催されます。国内メジャー大会でどんな活躍を見せてくれるのか、そして念願の賞金女王を獲れるのか。今から楽しみですね。

原英莉花のまとめ

ジャンボ尾崎の愛弟子としてスケールの大きなゴルフを展開する原英莉花プロは、今後ますます活躍が期待されます。黄金世代の選手たちと競いながら、今年もきっと素晴らしい結果を残してくれるでしょう。2021年は同じジャンボ門下生、笹生優花が全米女子オープンで史上最年少優勝を果たしたことでも大きな刺激を受けたに違いありません。念願である賞金女王のタイトルを獲得し、米ツアーに進出していく日もそう遠いことではないと思います。華のある大型ゴルファーとして、これからも目が離せませんね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
ゴルフオタク > プロゴルファー情報 > 【2021年最新】インスタでもかわいい原英莉花のクラブセッティングや気になる情報まとめ