ゴルフオタク > ゴルフ用品 > ドライバー > 短尺ドライバーのメリットやデメリットは?レッスンプロがおすすめするモデル3選

短尺ドライバーのメリットやデメリットは?レッスンプロがおすすめするモデル3選

ドライバーのミート率が低い人や飛距離が伸びない人は短尺ドライバーを試してみるとよいかもしれません。プロでも短尺ドライバーを使う人もいるので気になっている人も多いのではないでしょうか?短いドライバーはどんな人におすすめなのか、メリットやデメリットについてレッスンプロが解説します。ドライバーに悩んでいる方はぜひ最後までチェックしてみてください。


ドライバーのミート率が低い人やよく曲がってしまう人におすすめの短尺ドライバー。2017年前半、全米プロ王者のジミー・ウォーカーが42.5インチ、リッキー・ファウラーが43.5インチのドライバーを使用して話題になりました。プロでも短尺ドライバーを使う人もいるので気になっている人も多いのではないでしょうか?短いドライバーのメリットやデメリットを知りたいという方に向けて、おすすめの短尺ドライバーと合わせてお伝えします。ミート率の悪い人が使えば劇的にゴルフが変わる可能性があるので最後までご覧下さい。

短尺ドライバーとは


ゴルフのスコアを決める要素は色々ありますが、ドライバーの精度はかなり重要です。真っ直ぐ遠くに飛べばセカンドショットは短い番手で打つことができますし、反対に大きく曲がれば林やOBになり、それだけでスコアを落とす原因になります。しかし、多くの人はドライバーが曲がってスコアを崩しています。原因は色々ありますが、最近のドライバーはクラブが長く、多くのアマチュアには扱いにくいのではないでしょうか?クラブが長いと遠心力が増えて芯に当たれば飛距離は伸びます。しかし、長いと芯に当てることが難しくなってしまいます。そこでおすすめするのが短尺ドライバーです。

短尺ドライバーとは名前の通り短いドライバーです。一般的に45インチ以下のドライバーを短尺ドライバーと呼びます。最近のドライバーの多くは45.75インチに設定させていることが多く、1インチから3インチ程短いのが特徴です。基本的にはクラブが長ければ最大飛距離が伸びて短ければミート率が高くなると言われています。短尺ドライバーと似た物がミニドライバーです。短尺ドライバーはシャフトが短くなっているだけでヘッドは変わりませんがミニドライバーはヘッドが小さく作られています。ミニドライバーはシャフトが短くヘッドも小さいため操作性に優れているのが特徴です。短尺ドライバーはヘッドの大きさは通常なので簡単にミートできるのが特徴です。

短尺ドライバーはどんな人におすすめか


短尺ドライバーはどんな人におすすめなのでしょうか?短尺ドライバーをおすすめする人はこのような人です。
短尺ドライバーがおすすめな人
  1. ミート率が低い人
  2. ボールが曲がる人
  3. スピン量が多すぎる人
  4. スイングテンポが速い人
このようなことに悩んでいる人は短尺ドライバーにすると良い結果が生まれるかもしれません。1つずつ説明していきます。

1.ミート率が低い人は平均飛距離がアップ

まず最初に短尺ドライバーをおすすめしたい人はミート率が低い人です。ゴルフではボールスピードをヘッドスピードで割った数値がミート率と呼びますが、ここでお伝えするミート率とは単純に芯に当たる確率という認識で構いません。プロゴルファーのように毎日練習する人は別ですが、45インチ以上のドライバーを芯に当てることは簡単なことではありません。特にスコアが100を切れない人はミート率が低い人が多く、ドライバーでスコアを崩している印象です。最大飛距離は落ちたとしてもミート率が上がることで平均飛距離は伸びるのでミート率が低い人には短尺ドライバーのほうが合っていると思います。

2.ボールが曲がる人は真っすぐ飛ぶように

ボールが曲がる人にも短尺ドライバーはおすすめです。ボールが曲がる原因はスイング軌道が間違っているかインパクトでフェースの向きが間違ってるかのどちらか、もしくはその両方です。短尺ドライバーにすることでスイング軌道が良くなり、短いので操作性が良くなっていてインパクトでフェースの向きをコントロールすることができます。ボールの曲がりが少なくなればその分前に飛ぶことになるので飛距離も伸びることでしょう。

3.スピン量が多すぎる人は飛距離アップ

スピン量が多すぎる人にも短尺ドライバーはおすすめです。長いクラブより短いクラブの方がスピン量は少なくなる傾向があります。体重が右足に残ってスピン量の多いボールを打っている人には短尺ドライバーがぴったりです。当然スピン量が多すぎる人が適正なスピン量になればその分飛距離が伸びます。

4.スイングテンポが速い人はタイミングが取りやすく

スイングテンポが速い人にも短尺ドライバーはおすすめです。短尺シャフトはシャフトが短いので、通常のシャフトと同じ硬さであれば短尺シャフトの方が硬く感じます。スイングテンポが速い人は、スイングテンポが遅い人に比べて切り返しでシャフトがしなるので、硬めのシャフトの方がタイミングをとりやすいはずです。シャフトの硬さも自分に合う物があるはずです。絶対に硬い方が良いということはできませんが傾向としてスイングテンポが速い人は硬めのシャフトが合うので参考にしてみましょう。

短尺ドライバーのメリット


短尺ドライバーのメリットはこのような感じです。
メリット
  1. 振りやすい
  2. コントロールしやすい
  3. 弾道を低く抑えられる
1つずつ説明していきます。

1.振りやすい

短尺ドライバーの1番のメリットは振りやすいことです。シャフトが短いので、通常の長さのドライバーに比べて振りやすいと思います。振りやすいということは当然スイングが良くなり芯に当たる確率が高まります。芯に当たればボールに力が伝わり飛距離を出せるので、ミート率が低い人に最適です。

2.コントロールしやすい

1と似ていますが短尺ドライバーはコントロールしやすいのが特徴です。シャフトが短い分、操作がしやすく球の打ち分けもしやすいと思います。特にアマチュアに多いのがインパクトでフェースが開いてスライスをしている人です。シャフトが長ければ長いほど振り遅れてスライスしていきます。短尺ドライバーはシャフトが短いので振り遅れることなく振ることができるでしょう。

3.弾道を低く抑えられる

通常シャフトが短くなるとボールの弾道は低くなります。これはメリットでもありデメリットでもあります。普段の弾道がスピン量が多く高く上がってしまっている人にとってはメリットです。このような人はヘッドスピードが上がってもスピン量が増えるばかりで思ったように飛距離が伸びません。多少ヘッドスピードが落ちたとしても適正なスピン量にすることで飛距離を伸ばせるので短尺ドライバーは合っているでしょう。

短尺ドライバーのデメリット


短尺ドライバーにもデメリットはあります。短尺ドライバーのデメリットはこちらです。
デメリット
  1. 最大飛距離が落ちる
  2. 弾道が低くなる
  3. 種類が少ない
このようなデメリットがあります。1つずつ説明していきます。

1.最大飛距離が落ちる

短尺ドライバーの最大のデメリットは飛距離が出ないことです。ゴルフではシャフトが1インチ長くなるとヘッドスピードが1m/s上がると言われています。ヘッドスピードが1m/s上がれば理論上は5.8ヤード飛ぶのでシャフトが短い分飛ばないのです。そうは言ってもこれはあくまでも芯に当たって最大効率で飛んだ場合のことです。実際は短尺ドライバーにすると芯に当たる確率が増えるので平均飛距離が伸びる人が多いのではないでしょうか。平均飛距離よりも1発の飛距離が欲しい人にとってはデメリットになるでしょう。

2.弾道が低くなる

これは先程もお伝えした通りです。メリットになる人もいればデメリットになる人もいます。デメリットになる人は元からボールが上がらない人と既に適正なスピン量な人です。このような人が短尺ドライバーを使うと更にボールは低くなり飛ばなくなるでしょう。

3.種類が少ない

短尺ドライバーとして売られている物は種類が少ないのもデメリットかもしれません。プロが使っているような有名メーカーからはほとんど販売されていない為、市販品で選ぼうとすると選択肢が限られてきます。市販品の中から自分にぴったり合う短尺ドライバーが見つかれば良いのですが、見つからない場合はゴルフ工房でシャフトをカットしてもらうのが良いでしょう。

短尺ドライバーは自作ができる?


短尺ドライバーはシャフトを切って短くして好みのバランスに調整すれば完成です。このため自分でできるのではないかと考える人も多くいるでしょう。実際にインターネットで検索すると糸ノコで切る方法がでてきます。これでもできるとは思いますが、おすすめできません。ドライバーのシャフトはカーボンでできています。カーボンシャフトは雑に切るとシャフトが縦に裂けてしまいます。裂けたシャフトは使い物になりません。このことを考えると専用の道具で切ってくれるゴルフ工房でお願いするのが良い選択ではないでしょうか。

短尺ドライバーの打ち方

短尺ドライバーはシャフトが短いだけで打ち方は同じです。そもそも昔は42インチや43インチが普通でした。ドライバーのヘッドが大きくなりミートさせるのが簡単になってきたので現代の45インチ以上になっただけです。短いから違う打ち方をするのではなく普段通りの打ち方でOKです。

注意点や気を付けたいこと

短尺ドライバーで気を付けたいことが1つだけあります。それはクラブのバランスです。市販品を買う場合は気にしなくても良いのですが、シャフトを切って短尺ドライバーにする場合はバランスが変わります。シャフトが短くなるとヘッドが軽く感じるので打ちにくく感じるなら鉛を貼って調整しましょう。

短尺ドライバー・ミニドライバーのおすすめモデル3選

短尺ドライバーを購入したいけれど、どれが良いか分からない人のためにおすすめモデルを3つ紹介していきます。

1.キャロウェイ ROGUE ST MAX DRIVER

ITEM
Callaway(キャロウェイ)日本正規品 ROGUE(ローグ) ST MAX ドライバー 2022モデル VENTUS for Callawayカーボンシャフト 【あす楽対応】


短尺ドライバーで1番におすすめするのがキャロウェイのROGUE ST MAX DRIVERです。特注品ですが、様々なサイトで短尺モデルとして売られています。世界中のトッププロが使うキャロウェイの新作モデルなので飛距離性能とコントロールは間違いなしです。短尺ドライバーを純正で探している人にぴったりの商品だと思います。

2.キャスコ POWER TORNADO UFO

ITEM
キャスコ UFO by パワートルネード POWER TORNADO DD ドライバー ファルコンシャフト


キャスコから出ている短尺ドライバーがPOWER TORNADO UFOです。ヘッド体積が330mlでいわゆるミニドライバー。ヘッドが小さくてもヘッド重量が205gあるので力強く飛ばせるのが魅力です。重心深度が深く球も捕まるスペック。どちらかと言えば初心者よりも中級者や上級者におすすめできるドライバーです。

3.ワークス マキシマックス ブラックシリーズII

ITEM
WORKS GOLF(ワークスゴルフ) ドライバー マキシマックス ブラックシリーズII 飛匠 シャフト 短尺 43.5インチ 10.5度 SR 右利き


ドラコンで有名なワークスから出ているマキシマックス ブラックシリーズII。シャフトの長さが43.5~47インチの間で自由に選べるので短尺ドライバーにすることが可能です。ルール適合限界まで反発係数を高めているので短尺にしても全く問題ないのが特徴のドライバーです。短尺ドライバーにすると飛距離が心配と思っている人におすすめできるドライバーです。

まとめ

今回は短尺ドライバーについてお伝えしました。最近のドライバーは45インチ以上となっていてアマチュアには扱いづらくなっています。そこでおすすめするのが短尺ドライバーです。短尺ドライバーは扱いやすく芯で捉える確率が上がります。最大飛距離は長いクラブより出ないかもしれませんが、ミート率は上がるので平均飛距離が伸びるはずです。メリットとデメリットを理解して検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
鈴木
鈴木

PGA(日本ゴルフ協会)ティーチングプロ。ゴルフ歴は30数年。小さいころからPGAティーチングプロである父の指導の元ゴルフの練習に励む。高校を卒業したのち神奈川県にあるゴルフ場の研修生として働く。25歳でPGA(日本ゴルフ協会)会員となりレッスン活動に励む。現在は某ゴルフスクールでレッスンしている。誰にでも分かりやすく楽しいレッスンを心がけています。

ゴルフオタク > ゴルフ用品 > ドライバー > 短尺ドライバーのメリットやデメリットは?レッスンプロがおすすめするモデル3選